読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おわったブログ

くだらない腐りきったモノゴト終わらせ、知性溢れるあなたに真実を気づかせるブログ

アフィリエイトで稼ぐ「本当の」方法

アフィリエイトで儲ける方法を教えてやろう。読み終わったら、アフィリエイト塾や情報起業家=詐欺師のメルマガは全部ヤメたほうがいい。あんなものが情報収集だとか思ってるから情弱って言われるんだよ。

 

「コピーライティング教えます」という詐欺師にも注意しろ。考えればわかるだろ?ネット上で誰に読ませるんだ?普通の人だろ。そんな特殊な文章なんか意味なんて無い。だいたい、日本語力が落ちてるバカが増えてる時代に昔ながらの古臭い心理学を駆使したって、無駄。

 

言っとくけど、アフィリエイトの必殺技も無いし魔法のコピーライティングもこの世には無い。情報起業家なんて、屁理屈が上手い詐欺師。何の技術も知識もありゃしない。

アフィリエイターと名乗るITドカタのオッサン、オバサンどもが更にIT慰安婦同然の自称コピーライターのおバカ達に400文字200円とかのわけの判らない相場で、クソ記事を書かせ、それを数百ページのWEBサイトにするとアフィリエイトで毎月数万円から、数十万円稼げるわけだ。アフィリエイトなんかにノウハウなんか無い。単にスゴイボリュームのWEBサイトをいくつも作れば良いだけ。

 

総額10万円で制作したアフィリエイトサイトが月に1万円稼いでくれればOK。もし上手く行かなかったら、サイトキャッチャーで叩き売ればいい。10万円なら直ぐに売れる。

 

だけど心配しないで欲しい。そんなクソみたいなWEBサイトがGoogleは大好きなんだ。彼らはそれを「価値のあるコンテンツ」だなんて思うんだよ。バカだろ?

 

400文字200円で記事を書いてるおバカさんに言うけど自分でアフィリエイトすればいいじゃん。無料ブログでやるからダメなんだよ。WEBサイトを作ればいい。Googleはさほど役に立たないような膨大なページのWEBサイトが大好きなんだ。

 

心配するな。自分でWEBサイトが作れなくても大丈夫。WEBデザイナーというITドカタが、ランサーズとかでいくらでも見つかるだろ?そいつらをアゴでコキ使えばいい。言っておくけどHTMLとCSSのコーディングには注意な。おバカなGoogleでもそういうミスだけはわかるんだ。任せるなら、マトモなコーディングができるWEBデザイナーに頼むことだ。

 

中身の文章までWEBデザイナーに渡すなよ。パクられるのがオチ。いいかげんなWEBデザイナーならやる。サイトキャッチャーで複製サイトを売られるかもしれんねw。

 

自力でやりたかったら、ホームページの作り方を覚えればいい。記事を書くのが面倒ならコピーライター=IT慰安婦に記事を書かせてあとはコピペするだけ。

 

以上がアフィリエイトで稼ぐカリスマ達のやっていることの全てだ。あ、忘れてた。自作自演で自分を絶賛する、ステマブログも書かなきゃね。

 

アフィリエイトで稼ぎたければカリスマアフィリエイター(恥ずかしい名称だな)隠れてこそこそやっていることと、同じことをすればいい。ただそれだけ。そいつらだってなんの能力も無い、つまんねー奴ら。

 

すでに稼げるジャンルのアフィリエイトはヤラれてる?関係ないよ。相手が100ページなら1000ページのサイトを作ればいいだけだ。儲かるジャンルなら、下請けの発注費の元は取れるだろ?

 

eHowって海外のコンテンツファームをGoogleは問題視したけど結局、素人のアフィリエイト目的のコンテンツファームは好きなんだね。マジで頭のいい人達の考えてることってわからんね。こうして、ネットはクソだらけになっていくわけだ。